論文

学術論文

  • 〈日本主義〉文學論序説 ― 〈日本浪曼派〉の再検討を目指して〔『日本文化環境論講座紀要』(第5号)平成15年〕
  • 「神」を求めて ― 倉田百三・「日本主義」への途〔『現代文明論』(第5号)平成16年〕
  • 金子彌平 ― ある明治人の軌跡 ― 〔『明治聖徳記念学会紀要』(復刊42号)平成17年〕
  • 人格的共存共栄原理としての『国体』 ― 本誌の歩みをたどりつゝ」〔『国体文化』平成19年8月号〕

研究ノート

  • 昭和維新史ノート(一)~(一八)※連載中〔『無窮』(20号~〕
  • 東山金子彌平と日蓮主義の時代(1)~(7)〔『国体文化』(平成18年7月号~平成19年7月号)〕
  • 昭和初期における国体運動〔『国体文化』平成20年4月号〕 
  • 国家改造運動と日蓮 ― 北一輝を中心に〔『国体文化』平成21年7月号〕
  • 非常時における国体意識 ― 里見岸雄の大東亜戦争〔『国体文化』(平成22年12月号)〕 
  • 「国防」と「国体」 ― 大東亜戦争期の石原莞爾と里見岸雄〔『国体文化』(平成23年2月号)〕 
  • 天竺からの来訪者 ― ダルマパーラと田中智學〔『国体文化』(平成23年3月号)〕 
  • 八十八年前の大震災 ― 関東大震災と田中智學〔『国体文化』(平成23年5月号)〕 
  • 大御心を「掛け流し」にするなかれ ― 田中智學と「国民精神作興ニ関スル詔書」を巡つて〔『国体文化』(平成23年7月号)〕 
  • 「小我」の抑制なくして震災復興なし ― 岡潔の日本論を手掛かりに〔『国体文化』(平成23年8月号)〕 
  • 非常時における国体意識 ― 里見岸雄の大東亜戦争〔『国体文化』(平成23年12月号)〕 
  • 「建国」を祝ふ意義 ― 紀元節復活運動と里見岸雄〔『国体文化』(平成24年2月号)〕 
  • 「国体」と「政党」 ― 里見岸雄の政党論〔『国体文化』(平成24年10月号)〕 
  • 「山折哲雄の思ひ上がりを糺す ― 『新潮45』掲載の論文を中心に」〔『国体文化』(平成25年4月号)〕 
  • 「生命体系」としての「日本国体」 ― 『妙宗』誌上の批判に答へる〔『国体文化』(平成25年5月号)〕 
  • 八木秀次氏の知的怠慢 ― 井上毅『皇室典範義解』は規準たり得るか〔『国体文化』(平成25年8月号)〕 
  • 「敗戦」の神学 ― 長谷川三千子著『神やぶれたまはず』を読む〔『国体文化』(平成25年9月号)〕
  • 「アジア的様式」とは何か ― 岡倉天心を手掛かりに〔『国体文化』(平成25年10月)〕
  • 「日本国体学」の今日的課題 ― 先人の歩みを振り返りつゝ〔『国体文化』(平成26年1月号)〕

学会報告

  • 軍事史学会・憲法学会報告〔『国体文化』平成21年8月号〕
  • 皇室における「公」と「私」〔『国体文化』平成21年11月号〕 

エッセイ

紀行文

  • 里見岸雄・石原莞爾の面影を訪ねて ― ドイツ編〔『国体文化』平成19年10月号〕
  • 渡嘉敷島訪問記 ― 集団自決の現場を訪ねて〔『国体文化』平成20年8月号〕
  • 玉砕の島を行く ― サイパン島戦跡巡礼記〔『国体文化』平成22年8月号〕

書評

PAGE TOP